撮影テクニック・構図の記事一覧

三分割法で写真の構図をバッチリ決定!イラストで撮影方法を解決

カメラの技術はここ数十年の間に画期的に進歩したとは言え、人間の頭脳には追いついていません。人間はある光景を見たときに、明るさを調整し、見たいものに焦点を当てて、背景をボカシした画像を頭脳が認識します。そのため、目で見たときは生き生きとした被写体が、画像を見たときに期待外れだったことがよく起こります。カメラの構図の研究は、頭脳が認識した構図とカメラが捉えた二次元画像とのギャップを埋めて見せたいものを表現するための手助けをしてくれます。ぜひマスターして上記の写真のような写真を撮ってみたいですね。 しかし、ここでは、あまり理屈に走らずに、写真構図の基本と言える三分割法を主に紹介し、それと対比したその他の構図も簡単に紹介します。この記事を読み終えた後は、ファインダーをから見える景色が変わってくるはずです。

プロなら誰でも知っている これだけは覚えたい16の構図原則

構図を意識して撮影していますか?もしくは学んだことがない。 おさらいしたいか方必見。そこで今回は写真構図についてご紹介します。 誰でも構図を考えながら撮影するだけでこれまでと随分違った写真を撮ることができるようになります。

【カメラアングルの決め方】効果的に写真の構図を使い分けよう

「いろんな知識はインプットしたけどなぜか写真がパッとしない・・」 「なんだか同じような写真しか撮れない・・」 「どこか自分の写真は誰でも撮れそうな気がする・・」 ある程度写真やカメラについて勉強したのにいまいち納得のいく1枚が撮れないなんてことはないですか? 自分の写真とプロのカメラマンやSNSで人の心をつかんで拡散される「バズる写真」は一体何が違うのでしょう。 今回はそんな写真を撮るために必要なテクニック「アングル」について紹介します。 アングルひとつで視覚的に与える印象は大きく変わります。 決して高価なカメラを持っていなくてもできることなので、単調な写真から一歩レベルアップするためにアングルの知識を深めましょう! 最後まで読んでいただくことでカメラアングルの種類やそれぞれのアングルが見た人にどんな視覚的な効果与えるのか勉強できる内容となっていますので要チェック!

写真を日の丸の構図で撮っちゃダメ?意外と印象的な写真になれる方法

写真を撮る際に意識したいのが構図ですよね。カメラ業界では、良い構図にすればするほど素敵な写真が撮れると言われています。皆さんは、構図の種類の中で、日の丸構図というものをご存知でしょうか?今回は、日の丸構図について詳しくご紹介したいと思います。