前撮りにおすすめの小物13選

95 view

2019年11月14日

結婚式の当日より前に、好きな場所で希望のポーズで撮影できる前撮り。 二人らしい写真がゆっくりと撮ることができ、前撮りで撮った写真を当日のウェルカムスペースに飾ったり、ウェディングムービーに使ったりできるため、最近前撮りをするカップルが増えています。 スタジオでも、外で撮影するにしても、小物を使うことでさまざまなバリエーションの写真が撮れます。手作りで作ったアイテムならオリジナル感が出せるのもポイントです。 そこで今回は、前撮りの小物として人気の高いアイテムをまとめて紹介します。

#1 ガーランド

 

ウェディングフォトの小物では定番のガーランド。パーティーなどでは、欠かせないアイテムですね。逆三角形の旗が連なったフラッグガーランドを良く見ますが、さまざまな素材と形で簡単に作れるのが良いですね。前撮りだけでなく、披露宴会場のウェルカムスペースに飾ったり、ムービーにも使ったりできるので重宝する小物です。


メッセージは、洋装なら「結婚しました」という意味の“JUST MARRIED”か、“HAPPY WEDDING”が良いでしょう。
 

 

こちらは和装編。和装の場合は、「結婚しました」という日本語のメッセージもおすすめ。ストレートに伝わりやすいですね。和装に合うように、和紙を使って、筆で文字を書くと良いのではないでしょうか。

#2 フォトプロップス

 

フォトプロップスもガーランドと並んで人気のフォトアイテムですね。フォトプロップスを二人か持ってもゲストが持っても、ちょっと一味違う楽しい写真になります。ちなみにプロップス(prop)は、英語で「小道具」という意味です。さまざまなデザインのフォトプロップスがありますが、ネットで無料のおしゃれなテンプレートが利用できますので、時間に余裕のある方は作ってみるとよいでしょう。

 

 

こちらのカップルは、花婿さんが“I love you”、花嫁さんが”I know”と書いたメッセージカードのプロップスを持っています。お二人の会話が伝わってくるようなフォトですね。

#3 扇子プロップス

 

文字を描いたり、造花で飾ったりした扇子プロップスは、和装の前撮りで人気の小物です。
披露宴当日にウェルカムスペースに飾っても華やかで素敵ですね。


扇子プロップスは、ガーランドやフォトプロップスより簡単にDIYできます。扇子に造花などを貼り付けるだけ。「夫」「妻」と書いた折り紙を貼ってもいいですね。材料は全部100均で購入できます。扇子も100均で買えますが、夏しか置いていない店舗もあるので、自分で作る場合は早めにチェックしておきましょう。

#4 番傘

 

和装の前撮りで定番アイテムといえば番傘ですね。和の雰囲気が着物にぴったり!特に赤の番傘は写真映えがよいのでおすすめです。番傘はほとんどのフォトスタジオで用意されています。


番傘をたださして撮るだけでなく、画像のように番傘越しに二人のシルエットを撮るフォトも素敵です。ロケーションフォトならではの一枚ですね。

#5 フォトフレーム

 

遠近法のおしゃれなショットを撮りたいのなら、フォトフレームがおすすめ。
フレームの中の台紙を取って、あとは構図を考えてセットすればOK!


こちらの画像では二人の姿がまるで額縁の中にある絵画のようですね。手前のブルー系のブーケ、空と海の青、白のフォトフレーム、白い雲、白い砂…リゾートならではの爽やかなカラーの素敵な構図のフォトに仕上がっています。


フレームの中で、おでここつんショットやキスショットを撮るなど、遠近法をうまく使ってさまざまな構図のフォトが撮れます。

#6 イニシャルオブジェ

Photo by: 新谷悠樹さん

 

二人のイニシャルのオブジェも良く使われる小物です。小物を何にするか決まっていなくても、アルファベットのオブジェなら買っておけば前撮りに使わなくても結婚式当日に会場の装飾で役立つはず。イニシャルのほかには、LOVEの文字でも素敵です。


背景や衣装の邪魔にならないように、シンプルなデザインのものがおすすめ。オブジェにフォーカスすることで、遠近感が出て背景がきれいなぼかしになっている素敵なフォトですね。


インテリアでも人気のイニシャルオブジェは、小さめのものなら100均などでも購入できます。

#7 バルーン

 

キュートで可愛いフォトに仕上げるにはバルーンは最適なアイテム。オーソドックスなバルーンは数とカラー次第でアレンジが無限大。写真のように、バルーンに引っ張られるように空高く飛んでいきそうなジャンプショットなど、アイデア溢れる一枚も楽しいですね。
バルーンは、人気のハート型、星型、LOVEバルーンなど、ラブリーなさまざまなデザインがあります。バルーン専門を覗いてみると楽しいですよ。名前やメッセージを入れてくれるサービスもあります。

#8 紙風船

 

こちらは懐かしい紙風船です。子どもの頃に紙風船で遊んだことはないですか?簡単に膨らませる紙風船は、和装の前撮りにはとっても便利な小物です、


可愛いカラーとまん丸の形は写真のアクセントになる上、花嫁さんの着物の豪華さと相まって雅な雰囲気を演出できるのでおすすめです。


二人で飛ばして遊んだり、まわりにたくさん飾ったりなど、いろいろなパターンで撮ってみると楽しいですよ。

#9 シャボン玉

Photo by: 新谷悠樹さん

 

バルーン、紙風船と来たら、シャボン玉も前撮りの小物では外せません。和装にも洋装にもピッタリで、キラキラ輝くシャボン玉が散りばめられたフォトはとってもファンシーな雰囲気。とりわけロケーションフォトなら、背景の木々や芝生の緑にシャボン玉が映えてきれいなフォトになるでしょう。


シャボン玉を吹いている花婿さん、微笑ましく見つめる花嫁さんのフォトもいいですし、写真のようにたくさんのシャボン玉が二人を包むフォトも素敵! ただし、たくさんのシャボン玉を一気に出すには、撮影スタッフの方の協力が必要ですね。

#10 赤い糸

前撮りで大人気の小物が「赤い糸」です。
SNSでもたくさんの赤い糸の画像がアップされています。「赤い糸」は簡単に作れるのでほとんどの方が手作りしているようです。

赤いヒモやヒモの中に通すワイヤーはダイソーなど100均で購入できます。作り方は、赤いヒモにワイヤーを挿し通して曲げるだけなので簡単!意外とワイヤーがスムーズに入りますが、けっこう長さがあるので、根気よく最後まで入れていきましょう。
持ち手部分は小指にはめられる位の大きさにクルッとネジって止めます。あとは、好きな文字になるようにワイヤーを曲げて形を作っていきます。定番の文字は、やはりLOVE。“O”をハート形(♡)にするのが人気です。

 

 

こちらは、和装にぴったりの「寿」の文字を形作った赤い糸です。
作るときは、loveの文字より少々手間取るかもしれませんが、イメージしやすいように用紙に文字を下書きしてから始めると作りやすくなります。寿の点のところがハートになっていて可愛いですね。

#11 糸電話

 

糸電話はマタニティフォトでも人気の小物ですが、前撮りでもよく見かけます。手作りで簡単にでき、糸の部分にハートなどの飾りをつければ可愛く仕上がります。なんといっても紙コップと糸と飾りだけなので、家にあるものだけで作れる手軽さがいいですね。糸の長さを変えることで、いろいろなパターンの写真が撮れます。

#12 折鶴

 

夫婦円満の願いを込めた小物として折り鶴がおすすめです。鶴は縁起がよい鳥なので、お祝い事にもふさわしいですね。特に和装にはしっとりと合います。写真の夫婦鶴を良く見てください。鶴の首元に結婚指輪がかけてあります。

#13 カチンコ

 

最後にご紹介するのは、映画の撮影でおなじみのカチンコ。黒板とチョークというレトロな雰囲気がとってもおしゃれ!新生活のスタートにふさわしいアイテムですね。


カチンコは通販サイトなどで購入できる他、店舗にもよりますが100円ショップのセリアでも扱っています。写真のカチンコには、二人のイニシャルと結婚式の日付、”Just Married”のメッセージが書かれています。二人の笑顔がいいですね。


カチンコが出てきたところで、この記事も終了となります。


お気に入りの小物は見つかりましたか?


小物は手作りできるものも多いですが、時間的に余裕がなければ購入したり、フォトスタジオでレンタルできる小物があれば借りたりするのも良いでしょう。

 

ご紹介したアイテムはどれも使ってみたいものばかりですが、全部用意するとなると費用や時間もかかってしまいますので、気に入った小物を2、3用意しておくだけで、前撮りが楽しくなるでしょう。撮影を思いっきり楽しんで、素敵の写真をたくさん撮ってくださいね。

撮影技術を身につけるには、やはり実践が一番!

FOTORIA出張フォトグラファーとして
撮影のスキルアップをしませんか?
スキマ時間に、好きな場所で
撮影経験を身につけるならFOTORIAへ登録!

詳しくはこちら