オシャレ花嫁に人気の前撮り☆成功のポイント

136 view

2019年10月15日

結婚式当日はスケジュールが決まっていて何かと慌ただしいもの。 記念となるウェディングフォトに理想のイメージがあったり、式とは違う衣装も着てみたいオシャレ花嫁さんには別日に前もって行う前撮りが人気です。 実はこの前撮りを成功させるにはポイントがあることをご存知ですか? ここでは一生に一度の素敵なショットを残すために知っておきたい前撮りの予備知識についてご紹介します。

#1 理想の前撮りを叶えるには基礎調査が大事!

 

前撮りを行うには写真スタジオでの撮影、屋外でのロケーション撮影の2パターンがあります。まずはどちらのスタイルが2人のイメージか話し合ったうえで、基礎調査をすることが肝心!どんな点を抑えるべきか見ていきましょう。

1.1 撮影場所を調査&下見

スタジオ撮影は決まった背景をバックに正統派の写真が撮ることができ、天候を気にしなくていいというメリットがあります。一方、ロケーションフォトは自由に撮影地を選べ、屋外でバリエーション豊かな写真が撮れるのが魅力です。
とは言え、どう比べていいかわかりにくいという場合はスタジオに直接足を運び、背景や雰囲気を自分の目で見てみると実際の撮影のイメージが掴みやすいですよ。
ロケーションフォトの場合は気になる場所をピックアップして、インターネットやSNSなどで景観や先輩花嫁さんの口コミを調べてみるとその土地の特徴が掴みやすいです。

1.2 季節や時期を考慮して日程を検討

自由度が高く、開放的なロケーションフォトはとても人気ですが、注意したいのが撮影時期です。
例えば海外で前撮りをしたい場合はその国の雨季や気候の下調べはしておきたいもの。国内でも夏と冬の屋外は厳しい場合がありますので季節は考慮すべきです。 また前撮りした写真をウェディング当日に受付や披露宴のムービー上映などの演出アイテムとして使いたい場合は、納品まで1ヶ月ほどはかかることを念頭に置きましょう。結婚式から逆算して2ヶ月程度は間隔をあけての日程調整をおすすめします。

1.3 どんな衣装を着るか決める

せっかく前撮りをするからには、結婚式当日とは別の衣装が着たいという花嫁さんは多いですよね。教会式でウェディングドレス、披露宴ではカラードレスを着るので、前撮りでは和装にしたいというカップルも近年増えています。写真の雰囲気はその種類によってがらりと変わりますのでどんな衣装を着るかは早い段階で決めておきたいところ。また衣装は前撮りをする写真スタジオでレンタルするのか、結婚式をする施設の衣装会社で手配するのか、プランや見積もりを調査して検討しましょう。
 

#2 ロケーション撮影は今ここが人気!写真映えばっちりのスポットとは?

 

前撮りは美しい衣装とヘアメイクで花嫁を実感できる特別な日!そこに最高のロケーションを加えて出来上がるウェディングフォ
トは楽しみと期待がいっぱいですよね。今、先輩カップルにはどんなロケーションスポットが人気なのかピックアップしましたのでぜひ撮影地を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

Photo by: いよだとしや(青晴)さん、沖縄県名護市

2.1 オーシャンビューが広がるビーチ

海といえば写真映えはばっちりで、リゾートウェディングに憧れる花嫁さんも多いですよね。キラキラ輝くオーシャンビューをバックにドレスとタキシード姿で寄り添ったり、2人で手を繋いでジャンプしてみたりとどんなポーズでもばっちり決まる王道シチュエーションです。
人気のロケーションスポットとしては、鎌倉の七里ヶ浜(神奈川)や葛西臨海公園(東京)、ポートアイランド(兵庫)、沖縄のビーチなどが挙げられます。

 

Photo by: Takuya ogawaさん、東京都立川市昭和記念公園

2.2 自然が美しい庭園や避暑地

緑の木や山々などの自然に包まれてのロケーション撮影はナチュラル派のカップルに人気です。桜、紅葉などは季節感を出すことができ、美しく幻想的な写真を撮ることができます。ウェディングドレスはもちろん、和装の雅な雰囲気にもぴったりマッチしますよ。
人気スポットとしては四季の花々が綺麗な浜離宮恩賜庭園(東京)、三渓園(神奈川)、避暑地の軽井沢(長野)や那須高原(栃木)などが挙げられます。

 

Photo by: ベッティーフォトさん、東京都千代田区東京駅前

2.3 有名な観光名所

情緒溢れる歴史的建造物や有名な観光名所を背景に前撮りをすると、印象的かつ特別感あるウェディングフォトとなります。海外や遠方であればそのまま近郊を巡ってハネムーンを兼ねるのも素敵ですね。
人気スポットとしてはレトロな景観が絵になる東京駅やスカイツリー、風格ある浅草雷門、横浜みなとみらいの大観覧車(神奈川)、札幌の時計台(北海道)、神戸の異人館(兵庫)などがあります。観光名所は国内海外問わず多く、撮影場所の選択肢が幅広いのも魅力です。

 

>>ロケーション撮影のフォトギャラリーはこちら

#3 ロケーション撮影会社、写真スタジオの選び方

 

ウェディングの前撮りを行っている撮影会社はたくさんあります。一見するとどこも同じに思え、悩んでしまう花嫁さんもいるのではないでしょうか。そこで出張撮影や写真スタジオを選ぶ際のポイントについてまとめました。

3.1 カメラマンの作風をチェック

前撮りで何より一番大事なのは最終的に仕上がる写真ですよね。写真はカメラマンの作品であり、人によってクオリティーやセンスが分かれるもの。後でイメージと違う、という事態にならないためには、カメラマンさんの過去の写真、ポートフォリオ、ホームページのサンプルを参考にしましょう。そうすることでカメラマンの作風を知ることができ、自分の求めている雰囲気と合うかどうかがわかります。

 

>>FOTORIA出張ウェディングフォトグラファーを探そう!

3.2 かかる費用を把握する

前撮りにあたってかかるのが費用です。請け負う業者によってかかる額はそれぞれ違い、スタジオ撮影かロケーション撮影かによっても差が出ます。
金額の内訳は主に撮影料、衣装代、ヘアメイク、アルバム、撮影データとなりますが、まずはいくつかの撮影会社に見積もりを出してもらい検討しましょう。費用面では現地までの交通費が必要ないスタジオ写真のほうがリーズナブルで、衣装はドレスよりも和装のほうが高額となる傾向が高いです。

3.3 衣装の試着ができるかどうか

前撮りではウェディング当日と違う衣装を着たいという花嫁さんは多いですよね。
ドレスや和装をスタジオでレンタルする場合、試着できる所とできない所があります。申込み前にはどちらなのかスタジオに必ず確認をしましょう。試着できない場合はどんな衣装を選べるのか、イメージに近いものはあるのかをカタログなどでチェックしておくと安心です。

#4 まとめ

結婚式の受付に前撮り写真を飾ったり、ロケーションフォトを新居に飾ったりすると幸せムードたっぷりのアイテムになりますよね。そんな後々まで残る素敵な写真を撮るためには撮影地の下見や季節などの基礎調査、カメラマンの作風や費用を含めてのスタジオの見極めが肝心です。結婚式と同様、前撮りは1度きり。
ぜひ当日は後悔のないよう思いきり楽しんでくださいね。

撮影技術を身につけるには、やはり実践が一番!

FOTORIA出張フォトグラファーとして
撮影のスキルアップをしませんか?
スキマ時間に、好きな場所で
撮影経験を身につけるならFOTORIAへ登録!

詳しくはこちら