今結婚するカップルの間で大注目!エンゲージメントフォトってなに?

24 view

2019年9月30日

結婚式だけでなく、婚約中の写真も撮っておきたい♡そんな考えを持 つカップルたちの間で今トレンドの兆しを見せつつあるのがエンゲージメントフォトです。ここでは気取らず自然体で二人の思い出が残せるエンゲージメントフォトについて注目し、人気のポーズやアイディアなども含めてご紹介します。

#1 エンゲージメントフォトとは?

 

エンゲージメントを和訳すると婚約という意味ですよね。フォトは言わずもがな写真です。すなわちエンゲージメントフォトは婚約中に撮る写真となりますが、言葉だけではなかなかイメージしにくいもの。わかりやすく解説していきます。

1.1 エンゲージメントフォトの意味

エンゲージメントフォトとは二人が結婚を約束したプロポーズの日から式を挙げるまでの間に撮る記念写真のこと。
幸せいっぱいの婚約期間中の撮影ということで欧米諸国では前撮りと並んだプレウェディングイベントです。

 

日本でも近年、思い出の一つとしてエンゲージメントフォトを撮るカップルは増えていますが、全国的に見ればまだまだ認知度は低め。ですがその分、撮った写真を結婚式当日の受付に置いたり、プロフィールムービーなどに取り入れれば素敵な演出の先駆けとしてゲストの話題になりそうですね。

1.2 エンゲージメントフォトと結婚式の写真の違い

結婚式では新婦はウェディングドレス、新郎はタキシードを。あるいは白無垢と紋付袴といった主役らしい華やかな衣装を身にまといますよね。その正装姿の写真撮影は式場内のスタジオやチャペル、バンケットなどで行うのが一般的です。


一方エンゲージメントフォトを撮るにあたっての衣装にこれといった決まりはありません。撮影場所も好きな所でOK。ポーズも由と、すべて二人の希望で行えるのが大きな特徴です。新郎新婦として緊張感に包まれる挙式当日とは別に、リラックスして二人らしい仲良しショットを写真におさめられる点がエンゲージメントフォトの醍醐味と言えるのではないでしょうか。

1.3 エンゲージメントフォトを撮るメリット

結婚式の写真や前撮りと並んでエンゲージメントフォトにはメリットがたくさんあります。

まず第一に挙げられるのはなんといっても貴重な婚約期間中の思い出を作れるということでしょう。プロポーズ後から結婚式までの期間は新居や入籍の準備、招待状の作成など相談事項も多く、二人の絆がより深まりやすい時。仲睦まじいツーショットを撮影してエンゲージフォトアルバムにすることで、気取らず自然な雰囲気の二人の姿を残しておけます。また改めて衣装を準備する必要がなく、特別なヘアメイクも不要という手軽さは多くのカップルの支持を集めているポイント。

 

撮った写真やデータはウェルカムボードや二人の顔写真入りの手作り招待状など、結婚式の演出アイテムとして使うこともできますよ。お付き合いしている間の写真があまりない・・・という二人はエンゲージメントフォトをプロフィールムービーの一部に組み込んでみてはいかがでしょうか。

#2 エンゲージメントフォトはここで撮る!撮影地アイディア

 

撮影場所は自由!といってもせっかくのエンゲージフォトです。二人にとって特別感があり、とっておきの写真が撮れる場所ってどこだろうと考えてしまいますよね。そこで撮影地のアイディアをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

2.1 二人の出会いの地

結婚に至るまでにはそれぞれのカップルごとにドラマがありますよね。エンゲージメントフォトではそんな二人の原点である出会いの場所を撮影地に選んでみるのはいかがですか。もしも二人が学生時代の同級生であれば懐かしく愛着のある母校で、職場の同僚であれば許可を取ってオフィスの一角で・・・互いにとっての縁の地で撮影をすることでこれまでの二人の軌跡を振り返ることができます。

2.2 プロポーズの場所

二人が未来を約束した特別な場所、記念すべきプロポーズの地でエンゲージメントフォトを撮るのも一つのアイディアです。場所は高級レストランやアミューズメントパークなど様々でしょう。婚約指輪を渡すシーンやロマンチックなサプライズ演出をもう一度再現して撮影すれば互いにその時のドキドキが蘇りそうですね。出来上がった写真を記念日に見返せば思い出話にも花が咲きそうです。

2.3 新居

エンゲージメントフォトの撮影地に新居を選ぶカップルは多いです。人気の理由は自宅が二人らしさを撮影できる絶好のロケーションだから!例えばお気に入りのソファーに並んで座ったり、キッチンで一緒に料理している姿を撮影すると仲良しで自然体の二人の姿が写せます。撮った写真を後日、引っ越し報告ハガキや年賀状に使えば受け取った人は二人の幸せな新生活が垣間見れ、ほっこりできるのではないでしょうか。

#3 エンゲージメントフォトで人気のポーズ

 

撮影地と並んでポーズもエンゲージメントフォトの印象を左右する大事なポイントです。先輩カップルたちは皆どんなスタイルで写真を撮っているのか、人気のポーズを集めましたので見ていきましょう。

3.1 仲良し度MAXの密着ポーズ

エンゲージメントフォトを撮るなら婚約期間中のラブラブ感を出したい♡そんな希望を持つ二人には密着度が高いポーズがおすすめです。

後ろからぎゅっとハグしたり、お姫様抱っこ、おんぶ、頬と頬をくっつけるなど、バリエーションは幾つも考えられそうですよね。普段では照れくさくてなかなかできないような密着ポーズでも思い切って撮影してみることで、二人が主役のドラマティックなワンショットが残せますよ。

3.2 小物を活用する

小物ありきでポーズを考えると、ぐっとエンゲージメントフォトの華やかさがアップします。ガーランドや赤い糸を互いに引き合ってカメラにおさまればキュートな一枚に、二人でサングラスをかけて撮影すればクールでカッコいい写真に。他にバルーンやフォトドロップスなども人気があり、ポーズ×小物のアイディア次第でユニークにもロマンチックにもきめられます。帽子や靴などのリンクコーデ、ペアルックといった小物使いをするのもオシャレですね。

3.3 気取らず自然体で

あえてポーズを取らず自然体で撮影するというスタイルもカップルたちの間では定評があります。例えばさりげなく手を繋いで散歩しているところを写したり、芝生の上で寝そべっている姿をエンゲージメントフォトにしてみるのはどうでしょうか。結婚式で撮る正装の写真とは別に、気取らず二人らしい雰囲気のショットを残しておくのも良い記念になりそうです。

#4 まとめ

エンゲージメントフォトは二人らしさを全面に出せるのが魅力のプレウェディングイベントです。特別な衣装やヘアメイクの準備は必要なくラフな服装でOK!撮影地は自由ですから二人にとっての思い出の地を選ぶのもいいですね。更にはポーズも自由なので、ハグで密着したり、さりげない手繋ぎデート風景を撮るのも素敵です。結婚式とは別に婚約期間中の写真も残しておきたいという二人は身構えることなく手軽に撮影できるエンゲージメントフォトをぜひ検討してみてくださいね。

撮影技術を身につけるには、やはり実践が一番!

FOTORIA出張フォトグラファーとして
撮影のスキルアップをしませんか?
スキマ時間に、好きな場所で
撮影経験を身につけるならFOTORIAへ登録!

詳しくはこちら